• 611
  • 6112
  • 5102_2
  • 510_2
  • 410
  • 311

« 出展者紹介1(マナペコ) | トップページ | 出展者紹介4(蜜蝋キャンドル) »

2017年1月15日 (日)

出展者紹介2(アラジンス商会)

2)アラジンス商会(29日、30日)

115

温かい火の揺らぎをみていると癒されるのは季節問わずに、心豊な時間を与えてくれます。今回、昔から変わらない人気のビンテージアラジンストーブを商会して下さる、アラジン商会さんに来て頂きます。

朝ドラのとと姉ちゃんでも有名になりました、暮らしの手帖の商品テスト。テレビではなかったですが、実際の昔の暮らしの手帖にも、石給ストーブ特集が組まれ、商品テストで見事素晴らしい結果を残したアラジンストーブ。

今回は新しい現行品は並びません。すべて、古いヴィンテージアラジンストーブのみ。
古いからと言って、侮れません。燃焼効率は現代のストーブと比較してもトップクラス。
パーツを交換すれば、長い時繰り返し使って頂ける暖房機かと思います。

そして、ストーブの上でコトコト煮るお豆の美味しさはガスで煮たものにはかないません。お湯をわかして、加湿器の役目をしたり、停電になっても電気を使わずに暖をとれるすぐれもの。

最近の家電は壊れれば、修理より買い替えた方が早かったりします。しかし、このストーブは発売から80年余りもたった、現在でもシンプルな構造で長く愛用できるのも特徴。1台1台同じものはありません。親から子へ受け継がれ、時代を超えて使い続けることができるものは嬉しいです。

きちんと整備して、1年保証を付けての販売です。

DMの写真のストーブはちょっとレアなすべてがガラスボティで青い炎を見る事ができる珍しい種。
こちらは、我が家の35年ほど前のモデル。

1152_2

今回はすでにアラジンストーブをお持ちの方にも喜んでいただけるように、ストーブの足にはく、『木の靴下』を作ってみました。これを付ければ、アラジンにプラスドライバーひとつで取り付け可能。木の質感が加わって素敵な感じになります。

1153

ストーブについては、お店の方とゆっくり相談しながら、アラジンの魅力について楽しんで頂けたらと思います。また、ビンテージのやかんも沢山届きますので、やかん選びもワクワクすると思います。当日はストーブを囲んで、テーブルや椅子を並べてお待ちしております。

個人的にはアラジンストーブの魅力をあげた切りがありません。

ちょっと書き出してみると
1)やっぱりお豆を煮ると美味しいこと。
2)見た目のかっこよさ。
3)臭いが気にならないこと
アレルギー体質ということもあり、エアコン、電気カーペット、ファンヒーターは使えないので、このアラジンの魅力はありがたいこと。

よく、聞かれることのひとつに石油をどの頻度でいれますか?ってことがあります。
実施にはタンクはあまり大きくないから、1日おきには入れなくてはなりません。でも、その手間がなんだか好きです。簡単にできることばかりの日常の中で一手間がかかりますが魅力のひとつかと。

« 出展者紹介1(マナペコ) | トップページ | 出展者紹介4(蜜蝋キャンドル) »

フォト

お料理教室

shop OPEN

お知らせ