• 611
  • 6112
  • 5102_2
  • 510_2
  • 410
  • 311

« 出展者紹介2(アラジンス商会) | トップページ | 出展者紹介5(ヒンメリ) »

2017年1月17日 (火)

出展者紹介4(蜜蝋キャンドル)

4)昨年人気でした、蜜蝋キャンドルが今回もいろいろ並びます。

個人的に電球やキャンドルの灯りがとても好きです。
どうも、キラキラしている白熱灯の下は苦手です。
寒い冬の時期にともすキャンドルも暖かみを感じますし、敢えて夏の暑い時期の夜にともすキャンドルナイトも気に入っています。

『glim』さんの姫林檎とくるみのキャンドル。

123

1232

イベントでは蜜蝋キャンドルが沢山並びます。
よく蜜蝋と聞きますが、何かと言いますと、ミツバチのおなかから分泌される物質で、蜂の巣のもととなるもの。一匹のミツバチが一生かかって集めるハチミツはティースプーンの約一杯分。蜜蝋はその10分の1しか採取できません。
その自然からの貴重な贈り物からキャンドルは作られています。

<蜜蝋キャンドルの特徴>
1.100%天然成分のため無害(蜜蝋は化粧品やお菓子作りにも使われます)
2.煤が出にくく、消したときに嫌なにおいがしない
3.パラフィンのキャンドルに比べ燃焼時間が長い
4.炎の色が濃く、暖かみがある
5.灯している時ほんのりとハチミツの甘い香りがする
6.採取された時期や場所、花の種類によって蜜蝋の色も少しずつ違ってくる

(glim さんから引用)


また、こちらのキャンドルも見逃せません。
『Life with Lights』さんはは生活に溶け込むハンドメイドキャンドルを製作。今回はバスクワにもぴったりな、エッグキャンドルやうさぎのキャンドルなども届く予定です。

117

1172

牛やにわとりのキャンドルはミルクを扱う商品を作っているお店の方にも飾って頂ければ素敵かなと。自分の干支用になどにも。

どれもこれも、とても素敵な包装でお渡しできます。プレゼントに最適。お部屋のインテリアとしても魅力的。また、こちらに紹介しておりますせんが、他にもいろいろ届いていますのでお楽しみに!!


« 出展者紹介2(アラジンス商会) | トップページ | 出展者紹介5(ヒンメリ) »

フォト

お料理教室

shop OPEN

お知らせ