• 611
  • 6112
  • 5102_2
  • 510_2
  • 410
  • 311

2013年6月 7日 (金)

台湾旅行〜3日目

最終日。そろそろ読んでいる方も飽きていますかね??
記録なので、さらっと流して読んで下さい。。。

2泊3日の旅なので、最終日も有効に使います。市街地からタクシーで15分ほどにある松山空港ならではのぎりぎりまで遊べるプランです。もう一つの桃園空港なら渋滞も予測されるので、3時間前には向かわなければならないけど、ネットでチェックインしておけば、問題なし。空港も小さめだから迷うこともないと思います。

まずは早めに朝ご飯をカフェですまして、朝8時からやっている美容院へ直行。その途中に見つけた市場のおばちゃん。。

673

以前レッスンでも行った、台湾ちまきを作ってました。しかもこの屋台は「素」専門店。
ちまきの中には角煮が豚ではなかったですよ。巻くのもあっというま。

674

67

台湾シャンプーをしてもらいました。鏡の前に座ったままシャンプーをして、その後マッサージ、ブローをして30元(約900円)。すごい、前頭葉のマッサージがすっきりするのです

そして空港そばのパイナップルケーキ専門店。
台湾とえば、パイナップルケーキが多く売られていますが、冬瓜などの添加物を一切使わず100%台湾産のパイナップルで作ったもの。パイナップルの酸味とバターの香りがよく生地もすごく美味しいのです。

676

店内にはいると、買う買わないに関わらず試食をさせてくれます。ちょっと一息できます。

677

パッケージも可愛いので、普通のお土産を買いたい人にはおすすめです!!

678

お昼はベジ小籠包。

672

近くにある大好きなショップへ。

679

松山空港内。気になったもの。

675

6710

イタリアはなかなか時間がとれないけど、近いからまた行きたいな〜。


2013年6月 6日 (木)

台湾旅行〜2日目の4

お昼はオーソドックスにこちらです。前回の旅で行った小籠包で有名な「鼎泰豊」本店のすぐ近く、
永康公園に面した場所にあります。たくさんの緑に囲まれた素敵なお店。。

オーナー夫妻は台湾人とアメリカ人のカップルとのことで店内も、どこの国ともいえないけれどとても心地よい空間になっていて、置いてある雑貨も無国籍風だったり。

66

野菜やお茶などは無農薬にこだわっており、食事はすべて素食(ベジタリアン)対応です。

662


663


664


665

私はランチを食べていますが、お茶だけも可能です。日本語がわかるスタッフさんの一人いらっしゃるから、ゆっくり台湾茶を楽しむこともできまよ。

永康街はいろいろなお店があるので、一休みには最適です!


666

私は以前からに来なっていた映画館に併設されているカフェで水出汁コーヒーで一休み。緑を眺めながらゆっくりできます。チーズケーキを注文したのですが、台湾の柑橘の皮の生地に練り込まれています。レモンの変わりだと思いますが見た目の可愛い。


2013年6月 5日 (水)

台湾旅行〜2日目の3

お買い物後向かったのが、地下鉄「市政府」で下車後、タクシーで5分の『好丘』。

652

観光名所でもある、台北101と言う高層ビルも目の前にみることができます。

653

『好丘』といって、Made in Taiwanの素敵なものたちを、発掘、発信していくことをコンセプトにしたショップ。中には素敵なカフェも併設していて、ゆっくり楽しめる場所。
建物も写真のように可愛い。。軍人村の跡地を再利用しているとか。。

65

併設のカフェの人気はベーグル。その場で作っていて、平日にも関わらずとても込み合っていました。
雑貨屋さんでは食品の他、お土産に喜ばれそうなものがいろいろ売っていました。

657

654


655

毎月最終日曜日には朝市(マーケット)が開催され、こちらも気になりますね。詳しくはこちららら。。

台湾旅行〜2日目の2

こちらは『天和鮮物』っていうお店は安全で身体によいもやフェアトレードの商品を扱ったスーパー。店内はそれほど大きくはないですが、お土産にはぴったりのいろいろなものを選ぶことができます。

642

日本で見かけるものはいくつはありますが、台湾らしいお土産を買うことができます。
何を買ったかは後ほどご紹介をさせて頂きますが、ここのおすすめは店内で飲むことのできる野菜ジュース。

一番おすすめの『酵素精力湯』というのを注文しました。

643

ネーミングからはスッポンエキスをイメージするかもしれませんが、そんなことはありません。。。
健康食品店ならではの旬の野菜13種類と6種の果物、レーズン、松の実、クコの実、白ごま、黒ごま、かぼちゃの種、ひまわりの種を半砕きして、ミキサーにかけたもの。仕上げに酵素ジュースも加えてできています。


64


644

野菜を食べているって感じです。お腹もいっぱいになるジュース。旅行中にはとくにぴったり。写真では分かりにくいかもしれませんが、グラスもけっこう大きいのです。レーズンの程よい甘さ、野菜の旨味がたっぷり詰まった1杯です。是非、お土産とジュースを飲みに出かけて下さいね。


2013年6月 4日 (火)

台湾旅行〜2日目の1

台湾と言えば朝ごはんが美味しい。

朝から屋台に並ぶ人、市で食べる人、アジアの活気のある朝の風景がオフィス街でも見ることができます。朝ごはんで気にいた食堂へ今回も行ってきました。

63

ホテルから最寄り駅でもある『中山』から出発です。前回も紹介しましたが、台湾の地下鉄は昨年より駅も増えていて、どんどん進化しています。そしてきれい。
だいたい、20元(約60円)ほどで移動できます。

632

言うまでもありませんが、朝から行列。

633

炭火でおこしたタンドリー風な釜の中でパンを焼いているのです。しかも焼きたて。
できたてはもちろんですが、有機大豆、自家製天然酵母、低農薬小麦、天然塩など素材にこだわりながらも、見ての通りに昔ながらの製法で作っている食堂っていうのが魅力。。。

634

635_2

手前のおむすびが最高に好きです。餅米おむすぎの中に肉麩とおかかが入っていて好みの味。また、お椀に入っているのは豆乳です。甘い、塩味が選べます。いつも塩味。これは豆乳っていうより、温かい作り立ての寄せ豆腐を食べている感じ。器に盛ったときは液体ですが余熱で固まって、食べるときには寄せ豆腐のようになるのです。本当に食べて良かったと思える朝ごはんです。

その後は、前回行けなかった同じ駅近くのオーガニックスーパーへ。お土産を沢山買うことができると聞いていたから。。。日本でいう、紀伊国屋スーパーみたいなものだと。。もっと小さい規模ですが。。


635


2013年6月 2日 (日)

台湾旅行〜1日目の3

たった2日間の旅なので、かなりぎっしり詰め込みました。
まだ、15:40分に台湾に到着して1日目のお話し。

まずは夜市。沢山の夜市があるのですが食べ物の屋台が沢山集まるのがこの夜市。

623

前回のときにいろいろ食べたので、今回はさらっと見学して、どうしても食べたかったマンゴー。

624

今が旬なのです。マンゴーとすいか。

62

そうそう、こちらです。マンゴーのかき氷を食べたかったのです。どんぶりほどの大きな器にたっぷりマンゴーがのっています。これでたったの120元(約360円)。

622

〆にはやはり、足裏マッサージを受けてホテルへ。ゆっくり眠れました。

2013年6月 1日 (土)

台湾旅行〜1日目の2

昨日の続きです。

前回の旅でも食べた、薬膳火鍋が本当に美味しかったので、今回も外せません。。火鍋と言うと、鍋が2つに分かれた辛いスープってイメージがありますが、そうではないのです。
前回の鍋のお店は女性好みのおしゃれな火鍋屋さんでしたが、今回は薬膳火鍋専門店『天香回味』というモンゴル鍋のお店です。日本にもいくつか支店のある大きなお店。

61

611

このお店の場合、3つあるスープの中から2つチョイス。「天香鍋底(辛味)」「回味鍋底(普通味)」「素食鍋底(ベジタリアン)」があり、今回は後者の2つ。
さて、このスープ。辛味の赤々とした方「天香鍋」には胃腸を守る薬草が煮込んであるそうです。ブイヨンは豊富なビタミンとミネラルを含むため、普通の辛口鍋と違って胃腸の不快感や下痢を起こすことがありません。体力の増強、特に風邪の予防に役立ちます。たっぷりのにんにく、枸杞の実、なつめ、唐辛子など68種類の香辛料。

もうひとつの白味の方にも、プカプカと浮かぶ種のようなもの…。ごろごろ身体によさそうなものが浮かんでいます。「回味鍋」もやはり60種余りの植物を一定の割合でミックスしたものをゆっくり煮立てて作ります。化学調味料などはもちろん言うまでもなく一切未使用。塩もほんのわずかしか入れていません。香り高く、何ともいえない自然の甘みがたまりません。ニンニクや薬草の匂いはまったくなく、漂ってくるのは食欲をそそる香ばしい香りのみです。
スープを飲んだ後、舌や喉にほんのりと甘さが残ります。塩辛くもなく、脂っこくもなく、ちょうどよい爽やかな味わいです。いろいろな食材を煮込んだ後、タレをつけなくても非常に美味しく、食材そのものの味を楽しむことができます。一般的な火鍋の店と違い、スープにしっかりと味がついているので、タレはありません。また、煮込んでもスープの旨みを吸い込めど、素材そのものの味は失われることなく、スープもいろんな味が投入されるごとに味に深みが増していくのです。スープを継ぎ足してもらっているうちに、辛味スープもいい具合のマイルドさになってきます。モンゴル鍋料理なので、お肉はジンギスカンがメイン。しかし、今回は『素』なので肉なし。


612

写真以外も野菜をたっぷり注文しました。肉だんごのようなものは、ベジボール。椎茸とたけのこなどをつなぎで丸めてあげた団子。

613

こちらで人気の「金絲戀餅/モンゴル式ビスケット」っというのを注文しました。一見何の変哲もない小さなビスケットですが、上下にゆっくりと持ち上げると、びっくり!ビスケットがたちどころに細い麺線になるのです。この繊細な味わいは、まさにシェフの熟練の技の賜物。清の時代の宮廷料理にも登場したというのにもうなずけます。ちなみに、このビスケット、麺線状にしてスープにつけていただくのがオススメらしと後で聞きました(ここは日本語がほぼ駄目なお店です。もう身振り手繰りで注文だから)。

614

食べ終わるり翌日、まぁ驚くほど肌が変わるのです。びっくりするほど!!!週に1回は食べに行きたいものです。


2013年5月31日 (金)

台湾旅行〜1日目

5月末に数日休みがとれました。しばらくは海外旅行は行けないかな〜っていう生活環境だったのですが、家族のご協力を得て、弾丸2泊3日の台湾のイートリップへ行って来ました。。。
今回は、このブログを見て、台湾へ行きたいって方の参考になるようにちょっと詳しく書いてみます。
前回の台湾旅行はこちらから。。

今回の旅も変わらず、観光なしの食べることマッサージなどの癒しのみ。
噂によると、1年の間に台湾は随分変化しているとのこと。。どんどん、素敵なお店が増えていて、今回も楽しい旅でした。。。もし、10年前に台湾へ旅行へ行かれたなら、もう大分変化しているか思います。。。前回同様、ベジタリアン中心のお店のみ入店。食材店からレストラン、屋台までベジタリアンのお店には必ず『素』という漢字が付いているのですぐ見つけられると思います。台湾における「素食」とは「ベジタリアンのための食事」という意味。

今回旅行を決定づけた1つにある生徒さんがおすすめのホテルがあり、とても良いと情報を聞いていて、そのホテルに空きができたため。。すぐ満席になってしまうのです。

531

なんとバスタブ付き。何より立地がとても便利でアクセスがしやすいって言うのも魅力の1つでした。
ホテル内には毎日、台湾らしいカラフルな小菊のお花が美しく飾ってあって、24時間コーヒー紅茶の無料サービス、しかも日本語がしゃべれるスタッフがいるので、予約をとってもらうのにも便利です。

まずは

1)飛行機です。
台北に行くには、羽田空港ー松山空港(台北)の便が時間短縮ができるのでおすすめです。タクシーの運転手さん曰く、松山空港は空港使用料がもう1つの桃園空港より高いけど、市内へのアクセスが全く違います。
トータルコストや時間のこともふまえてもこれは外せません。

台北への飛行時間は約2時間30分ほど。これくらいならいろいろ我慢できますね。映画も1本見れる程度ですし。。
2)松山空港へ着いたら、荷物を受け取ってすぐの両替所の換金がおすすめ。
2つ窓口がありますが、どちらもレートは同じ。ここでおこずかいを換金して下さい。
日本でするより良いとのこと。。

3)空港内で無料Wi-Fiのパスワードをもらうのがおすすめ。
これをもらっておくと、ホテル以外の公衆地域などでもWi-Fiがつかるから、iphoneで検索したり、LINEも使えて便利です。

4)空港からホテル(市街地なら)までは、およそ600円ほどで行くことができます。だから、日本で送迎付きにする必要はないかと思います。日本語や英語は通じなくても、ホテルの住所があればそのコピーを見せてあげると、ナビに入れてくれるので安心です。

私はホテルに着いたらまずは『油化街』へ行ってきました。ここはいわゆる昔ながらの問屋さん街。
昔ながらの素敵な建物を堪能できて、雰囲気はとても素敵です。観光スポットに興味がなくても、こういう建物をみたりするだけで、観光っぽい感じがして大好き。
ここでは、漢方、お茶、からすみ、布、かごなどの道具などを買うことができます。

5313


5312

ここのチロリアンテープが最高に可愛いのです。いつもキッチンに並べてあるのをお気づきですか?

5314


5318

5315


また、この問屋街も飲食店も多いのですが、そこは問屋街。どちらかというと食堂ばかり。屋台みたいなお店が多いです。いつもは気にいているカフェ(下の写真のお店とは別)があるので、そこでお茶をしますが、最近はどんどん素敵なカフェも増えましたから、お買い物に飽きたらお茶で一休できます。

5317

こちらの茶芸館もおすすめ。

「油化街一段」沿いに『民藝埕』に日本の民芸と台湾の民芸を専門に扱っているお店があって、日本製ではハクサンや柳 宗理、工房アイザワ、かご類など。店内のデェスプレイも可愛い。

5316_2

台湾製は陶器の作家さんの器や茶器がおすすめ。
民藝埕
台北市迪化街一段67號
02(2552)1367
2Fにカフェができたので、こちらも是非次回は行ってみたい!!

フォト

お料理教室

shop OPEN

お知らせ