• 102_2
  • 102
  • 911
  • 712

2012年3月21日 (水)

フランス経由〜vol.8

今更ですが、これも可愛い写真だったのでやはり記録として。

帰りの飛行機が大寒波で6時間以上も遅れ、せっかく予約した座席にも座れず残念でしたが、今回はパリ乗り換えだったので、空港でその分楽しめたこと。

321

マカロンで有名な『ラデュレ』があったことなど。。
箱や紙好きとしては、そのパッケージに立ち止まらないわけにはいきません。

お店にあるすべての箱が欲しいなと思いながら、時間をかけてみたりと何枚も写真を撮ったり、あ〜日本人だ!って思われてるな〜って。。。

3212

3214

いくつか購入したなかで、一番のお気に入りはこちらです。

3213

もちろん、今は食べ終わりましたがこの中にボンボンや腕時計の収納用に使いたいと思います。


2012年3月 2日 (金)

ジェノバ食事〜vol.7

シンプルに料理しただけなのに、どうしてこんなに美味しいのだろうってほど。

素材の新鮮さ、旨味、調味料すべてがいいのかもしれないですね。

32

322

ミネストローネにもジェノバペーストが必ず入り、食べるときに混ぜて食べるのがジェノバ流。

323


325

ここで買ってきた素敵なイタリア野菜が一目でわかる、野菜カレンダー(いつも冷蔵庫に張ってあったやつです)を3月4〜5日の『おやつ展』の
イタリアのお土産に並びます。お楽しみに!


2012年3月 1日 (木)

食材のお土産〜vol.6

日本にも何店舗かある『EAT ITALY』のジェノバへ行きました。

2254

スーパー好きなら1日ここで過ごせてしまうのでは?って思えるほど、楽しいラインナップの上、日本と同様にアルタムーラの粉で焼いたピザや美味しい食事が楽しめるのです。


2259
2257

見ていただいてもわかるように、ジャムならこの種類。パスタの乾麺でもこんなに。お土産にももってこいの品揃え。

2255

2253
2256

たった3日の滞在で2回も遊びにきました。なぜなら、このお席に座って食事をするのですが、

2258

こんな景色を見ながらなひとときなのです。


225


2252

何を食べたかか明日へ続きます。


2012年2月24日 (金)

ジェノバのお菓子屋〜vol.5

ジェノバでは老舗のお菓子屋さん。
ここを外すことはできません。

224

確か、8年前ごろにも訪れましたが、以前と同じマダムが変わらず対応してくれました。

2246

店内はもちろんですが、ショーウィンドーも美しい。

2242

これわかりますか?

2244

すべて、チョコです。工具を形どっているのです。箱に詰めてプレゼントにしてくれます。

2245

店内のどこを撮っても素敵!許可を得て撮影させていただいてます。もうすぐ、パスクワも近いということもあり、カーニバルのお菓子も並んでいました。

2247


いろいろ質問すると、試食をさせて頂き、購入を決定。その試食用に出てきたスプーン型の器もかわいい。。。荷物の制限がなければ、もっと欲しいところです。。

2249

こちらが、このお店の定番商品。ここでは結婚式の引き菓子を売っているのですが、そのパッケージも手がこんでいて、刺繍のしてある箱や色が美しい箱など、パッケージ好きにはたまらないラインナップ。

2248


2012年2月19日 (日)

マーブル紙〜vol.4

有名なマーブル紙のお店の前でうろうろしてたら、サービスとしてマーブル紙のデモンストレーションを見せてくれるというので、見学がてら覗いてきました。

219

フィレンツェ市内には、いくつあるのか?っていうほど、店舗がたくさんありました。日本人スタッフのいる店舗もあったり、サービス精神のあるおじさんなので旅行者にはいいかも?って。。いろいろ選んで入るのをオススメします。

2192

では、開始です。

2193

のりの上に顔料を落とし模様をつけていくと作業。自分で好きな模様を意図的に作ることができるのです。でも、1つとして全く同じにはならないものいい感じだよって、おじさんが説明していました。

2193_2

2194

これで、出来上がり!
こういう観光っぽいのもたまにはいいですね!

2012年2月18日 (土)

パニーノ〜vol.3

ジェノバで見つけたお気に入りのお店の1つ。

スタンドバーのパニーノ専門店。持ち帰りでも、その場で食べるものあり。

218_3

お店のショーケースの中。数十種類の中から好きな具を好きなだけ選びます。そして、パンの種類も選んだりして、自分だけのパニーノを作れるのです。まるでSUBWAY的な感じです。

2182_2

それにしても、すごいそそられるラインナップで迷い迷ったあげく、こちらをオーダー。

2184

2183_2

全粒粉パンには、ジェノバペーストを漬け込んだ豚肉のローストのバジルソース漬け、カルチョーフィーや茄子のマリネなどの野菜をサンドしたもの。ノーマルパンにはタジャスカノオリーブペーストをたっぷりとスカモルツァの薫製チーズ、トマトなどをサンドしたシンプルサンド。
あまりの美味しさに連日通い、2つも食べちゃいました。このほかにも、好きなハムやチーズをスライスして、サンドしてもよし、その後好みで焼いてチーズを溶かしてくれることもできます。とにかくオリジナルサンドとなるのです。

これは、日本にも欲しいお店です!しかも、これだけ挟んでたった4〜5euro。日本では難しい価格設定かもしれないけど、このお値段なら週2〜3回は食べたいです!

いつかの出店(朝市など)でしたら、選ぶ方も楽しいし、好きな具が食べれて楽しいかな?って本気で考えちゃいました。。


2012年2月17日 (金)

トラトッリア~vol.2

地元の人が集まる定食屋さんでランチ。

2174

トスカーナの定番メニューを食べました。

217

2172

リボリータ(写真手前左:ミネストローネにパンが入ったもの)、チコリのフォンドゥータ(写真手前右:フォンティーナチーズをのせたオーブン焼き)など。ポルチーニのリゾット、温野菜など、多めにお願いして。。

そして、最後にこのお店の人気デザートです。

2173

栗のプリン。どのメニューもはずれなしで、美味しかったです。

このデザートをヒントに2月のチョコレートプリンは試作しました。どうぞ、お楽しみに!


2012年2月15日 (水)

ドルチェ~vol.1

地震以後、初の海外。まさか、また来れるとはありがたい旅行でした。。

今回は現地で、Tさんと合流。イタリア留学に関する話ししたり、冬の大セール中のイタリアをぐるぐるしながら買い物を楽しんだり、おいしいものを後悔しないようにと食べまくりました。。

まずは、ドルチェ編です。

私が知る限り、フィレンツェで一番好きなケーキ屋さん(ほかにオススメがあれば情報求む)です。だいたい、行きたいお店は決まっているので、そのお店ばかりですが。。。

215

オーナーがフランス好きかフランス人か?とも言える、そんなテイストのお店です。そのなんとも言えない感じも好きなのかもしれない。

5122

今回は季節のお菓子のアップルタルトがありました。それはそれはおいしくて2回も通って食べちゃいました。でも、ここはチョコレートのお菓子が有名です。初めての方はチョコのタルトを!

5123

中にはぎっしりリンゴが詰まっていて、注文をすると自家製カスタードをかけてくれるのですが、そのクリームの甘さ控えめな感じがリンゴの酸味とマッチして、おいしかったのです。
また、イタリアだとコーヒーと思われるかもしれませんが、りんごなので紅茶をお願いしたら、このお店の紅茶がまたおいしい。イタリアで美味しい紅茶が飲めるなんて幸せ。疲れた胃にはいいかも。

2155

2154

ポットもかわいいし、嬉しいひとときでした。

まだまだ、続きます。


フォト

お料理教室

shop OPEN

お知らせ